イライラしない法則 心理編

「あー!もうイライラする!」

大なり小なり誰しも感じたことがあるであろうイライラ。

このタイトルで興味を持たれた方は、もしかすると日頃からイライラしやすく、どうにかしたい!と思われているかもしれません。

今回はそういう方のために

【イライラしない法則  心理編】

をお伝えしていこうと思います。
何かのヒントになれば幸いです。

ちなみに丸一さんはイライラしないの?
と思われる方もいらっしゃいますかね。

はい、僕もカウンセラーでありながら、ごく普通の人間なのでイライラすることはあります。

ゲームアプリで1位だと思ってたら、友達に抜かれて2位になったとき( *`ω´)

しょうもな…(笑)

やはり【自分の思い通りにならない】

このことにイライラスイッチが作動しやすくなります。

しかしながら、イライラしても取り乱すことはなく、すぐに落ち着きを取り戻せます。

なぜか?

まずイライラの仕組みや心理を理解しているからがあります。

またどうやってイライラをコントロールするか?

それを実践してきたおかげで、今はトラブルもほとんどなく、ストレスがあまりない日々を過ごせています。

前置きが長くてイライラしてる方もいると思いますので(汗)、そろそろ本題に入ります。

【イライラの原因は出来事ではなく、その捉え方と心得る】

たいていイライラしてるとき、人は自分の思い通りにならないことに腹を立てています。

例えば、

前の車が遅い→こっちは急いでるんだから早くしろ!(レジ待ちなども同じく)

中には、前の車をギリギリまでつけて煽ったり、クラクション鳴らしたり、エンジンふかしたり、パッシングしたり…。

それを見てイライラすることはありますが(汗)

ようやく煽り運転も取り締まり対象になりましたね。

また、恋人や友達からのメールの返信がなく、

それにイライラして、さらにメールを何回も送ったり、電話してみたり、挙げ句の果てにブロックしたり…。

イライライラ( *`ω´)

どちらも自分本位ですよね。
でも怒りの感情が湧くのもわかるような気がします。

では、こう考えてみてはいかがでしょうか。

車のケースでいうと、
もし前の車が、免許取りたてやご老人であった場合、または車内で急病の人がいて揺れないよう安全運転していた。

それでも前の車にイライラするでしょうか?

ちょっとは気持ちが落ち着くかもしれません。

イライラしている時は視野が狭くなります。

相手が悪いに違いない。
自分をバカにしてるのか!

と思い込みが働いている状態です。

あとは「〜べき思考です」

車はちゃんとスムーズに走行するべき。
メールを送ったのなら返事はするべき。

この自分の中にある「〜べき」の範囲外の人に対して、イライラが作動しやすくなります。

これが強い人ほどイライラしやすくなります。

フェイスブックなどでも、正義感と本人は思っているかもしれませんが、いつも何かにイライラしている人がいます。

人は品行方正であるべき。

この思考が強ければ、法に反した人、誰かに迷惑をかける人、無神経な人、そんな人達が全てイライラの源になります。

イライラは本人が一番疲れます。

だからこそ、視野を広げてみるのです。

相手も事情があるだろう。

車のケースでいえば、
急ぐことが正しいとは言えないかもしれない。
今度からは自分も焦るぐらいギリギリに出ないで、時間に余裕もって出るとするか。

など少し自分の行動を変えてみる。

メールのケースでも、

相手も忙しくて返す余裕ないかもしれない。
もしかすると送った内容が返信しにくかったのかな…?
メールの返信がないからといって、嫌われているとは限らない。

など怒りの矛先を相手から

自分に向けてみる。
怒りの感情を否定しないで、意識を内面に向ける。

「あ、イライラの原因は相手じゃなくて、自分の心にあったんだ」

「〜するべきが強いな自分は」

そこに気づくだけでも、怒りのコントロールはしやすくなります。

まとめると

出来事=イライラ

ではなく

出来事=捉え方=イライラ

が本質です。

そこに気づき

捉え方を見直しましょうって法則です。

これは認知行動療法の中で、実践カウンセリングの場で行なっています。

またカウンセリング養成講座の中でも、学びとしてお伝えしています。

一部でありますが、ご参考にして頂けると幸いです。

次回は「イライラしない法則 身体編」をお伝えしようと思います。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です